【パワプロサクセススペシャル】ブロンコ=リーの評価・使い方まとめ

こんにちは。今回は「実況パワフルプロ野球サクセススペシャル」のブロンコ=リーというキャラについて、評価や使い方などをまとめたいと思います。

buronnko

ブロンコ=リーという選手

ブロンコ=リーは、「実況パワフルプロ野球12」から登場したキャラクターで、その際はミゾットスポーツパワフルタウン支店の社員として登場しました。
その後 実況パワフルプロ野球2013では芸農大学附属高校の選手として登場しています。
外国人のような片言の日本語を話しているものの、れっきとした日本人だそうです。
ミゾットスポーツでは開発部に所属していて、練習器具の開発が大好きです。その開発費によってミゾットスポーツはかなり苦労しているようです。
ブロッコリーのような緑色でもこもことした髪型が非常に目立ちます。
能力は平凡なものの多彩な特殊能力が特徴です。

ポジションは二塁手。
選手能力は弾道3、ミートE(48)、パワーD(56)、走力D(56)、肩力D(55)、守備力C(65)、捕球F(38)。
特殊能力はチャンス◯、ケガしにくさ◯、走塁△、調子極端、流し打ち、粘り打ち、意外性、ミート多用、積極盗塁、積極走塁、積極守備、チームプレイ×。
得意練習はメンタル。イベントは前(練習前にイベントが発生する)。

ブロンコ=リーキャラボーナス

ブロンコ=リーのレベルごとのボーナスです。(SRの場合)
Lv.1:初期評価15、タッグボーナス40%、スペシャルタッグ「メンタル」6、コツイベボーナス40%、得意練習率10%UP
Lv.5:初期評価25
Lv.10:タッグボーナス 60%、スペシャルタッグ「メンタル」9
Lv.15:コツレベルボーナス 2
Lv.20:やる気効果100%UP
Lv.25:精神ボーナス4
Lv.30:初期評価45
Lv.35:タッグボーナス80%
上限解放した場合、Lv.37で初期評価50、Lv.40で初期評価55、Lv.45で試合経験点ボーナス10%が得られます。

ブロンコ=リーで取れるコツ

金得:アーチスト、怪童
練習:チャンス◯、ケガしにくさ◯、流し打ち、粘り打ち、意外性
イベント:走塁○(金得イベント途中終了時)、逆境◯・ムード◯(R・PR)

ブロンコ=リーの評価

上記を踏まえて評価すると、ブロンコ=リーの評価は高いとは言えないものの、使い道がない程ではない、という感じだと思います。

ブロンコ=リーの良い点は、コツが豊富なことと、さらに入手できるキャラの少ない貴重なコツを持っていることです。
ケガしにくさ◯は現状練習で入手できるキャラはブロンコ=リー1人です。さらにケガしにくさ◯は選手の査定で重要性が高いので査定の高い選手を作りやすくなります。
他にもチャンス◯や流し打ち、粘り打ち、意外性など打撃で役立つ特殊能力を持っています。

次に、タッグ練習で体力を大きく回復できる点です。言わずもがなですが、メンタル練習では精神の経験点を得ると共に体力を回復できます。ブロンコ=リーはスペシャルタッグ「メンタル」を持っているのでこれによりタッグ練習での体力回復量がアップします。

ブロンコ=リーの悪い点は、金得の入手のしにくさです。ブロンコ=リーの金得イベントには2回目で成否判定がありしかも3回目までイベントの発生が必要なので、コツを貰うハードルが若干高めです。
さらに、アーチストの下位互換であるパワーヒッターのコツを所持していない為、習得にはパワーヒッター持ちのキャラが必須です。
それでも、野手作成で大抵の場合はパワーヒッターのコツを持ったキャラをデッキに入れるでしょうから、それほど深刻な問題では無いと思います。

ブロンコ=リーの使い方

ブロンコ=リーの使い方に関しては、コツ要員、あるいは金得の下位互換特殊能力のコツ要員とすることをおすすめします。
特に彼女キャラの春野千優と一緒に使い、春野千優の金得「鉄人」を入手してケガしにくさ◯で必要経験点を減らしましょう。瞬鋭高校では特に役立ってくれると思います。
他にも勝負師などの金得を入手できるキャラをデッキに入れる際は、ブロンコ=リーで下位互換のコツを入手することができます。

次に、ミート・守備・捕球などの能力を上げる際に不足しがちな精神経験点をタッグで稼ぎましょう。さらに体力も回復できるので、休むコマンドを使うのは必要最小限にしましょう。
守備型の選手は作りやすくなると思います。

レア度がRやPRでもコツ要員になりますし、全く使えないキャラという訳ではないと思います。


PAGE TOP