【パワプロサクセススペシャル】早川あおいの評価・使い方まとめ

こんにちは。今回は、「実況パワフルプロ野球サクセススペシャル」の早川あおいについて、評価や使い方などをまとめたいと思います。

aoi

 

早川あおいという選手

まず、早川あおいというキャラクターについて紹介したいと思います。
早川あおいは、「実況パワフルプロ野球7」から登場したキャラクターで、パワプロ7では弱小チームの千葉ロッテマリーンズに客寄せパンダとして指名され入団していました。
女性ながらもプロ入りするという実力の持ち主で、身長は167cm、アンダースローながら球速は最速で139km/h。素晴らしい野球センスの持ち主ですね。
特殊能力「短気」を所持していますが、パワプロ8と12では短気が発動すると最高球速155km、パワーAになります。決して怒らせてはいけません。
登場回数の多いキャラなので所属チームは何度も変わっていて、千葉ロッテマリーンズの他にも恋恋高校やキャットハンズ、満通万教育大学、サクセススペシャルでは駈杜高校の選手として登場しています。
緑色の髪が特徴で、髪型は後ろでひとつにまとめている時もあればおろしている時もあります。スタイルは三角フラスコと評された時があります。

ポジションは投手。
選手能力は球速135km、コントロールC(68)、スタミナE(41)、カーブ3、マリンボール4。
特殊能力は短気、緩急◯、変化球中心。
得意練習は変化球。イベントは後(練習後にイベントが発生する)。

水しぶきを上げてシンカー方向に変化するマリンボールが決め球の投手です。

早川あおいキャラボーナス

早川あおいのレベルごとのボーナスです。(SRの場合)
Lv.1:初期評価15、タッグボーナス40%、変化球ボーナス 2、コツイベボーナス40%、
Lv.5:初期評価25
Lv.10:タッグボーナス 60%
Lv.15:コツレベルボーナス 2
Lv.20:変化球ボーナス 6
Lv.25:やる気効果アップ50%
Lv.30:初期評価45
Lv.35:サブマリン(タッグボーナスと変化球ボーナス)変化球ボーナス8
上限解放した場合、Lv.37で初期評価50、Lv.40で初期評価55、Lv.45で変化球ボーナス9が得られます。

早川あおいで取れるコツ

練習:緩急◯
イベント:リリース○(SR・PSR)、重い球・対強打者○(R・PR)、対ピンチ◯・対左打者◯・変化球中心(N・PN)、低め◯・対強打者◯・重い球( 橘みずきと六道聖とのコンボ)、けがしにくさ◯・対ピンチ◯(太刀川広巳とアンヌとのコンボ)、打たれ強さ◯(太刀川広巳とのコンボ)

早川あおいの評価

上記をふまえた上で評価すると、早川あおいの評価は最も高い部類に入ります。

早川あおいの最も良い点は、タッグ練習とコツイベントで変化球の経験点が多く稼げることです。
キャラボーナスによってタッグ練習で多くの変化球の経験点を稼げますし、コツイベントでも所持しているコツが緩急◯のみの為、それさえ取ってしまえば後は経験点が得られます。
投手の査定では変化球が最も重要になるため、変化球の経験点を多く稼げるということは、強い選手を作ることに繋がります。

さらに、金得が習得できない代わりにオリジナル変化球「マリンボール」を習得できます。
オリジナル変化球は総じて査定も高く強力なため、習得できれば頼もしい変化球です。さらに、シンカー方向の球種を持っていない場合は自動的に変化量が1追加されるため、新しい方向の球種を習得する際にかかる大量の経験点を節約できます。結果的に、変化量、球種の多い投手を作りやすくなるため、強い選手ができます。

早川あおいの悪い点は、イベントで体力消費が多いことです。選択肢によって回避できるということもないため、確実に体力が削られます。その点だけは注意が必要です。

早川あおいの使い方

早川あおいの使い方は、可能な限り早く評価を上げてタッグ練習をするということです。
ただし、彼女キャラをデッキに入れている場合は、サクセス序盤はそちらの評価も上げなければならないため、そちらとの兼ね合いも考えながら評価を上げていきましょう。
マリンボールの習得の際は、2球種を習得しておいてから3球種目として習得するのをおすすめします。余裕があるのであれば、4球種目として習得しましょう。
早川あおいは、変化球を伸ばすのに大いに貢献してくれる優秀なキャラですね。


PAGE TOP