【パワプロサクセススペシャル】伊佐敷純の評価・使い方まとめ

こんにちは。今回は「実況パワフルプロ野球サクセススペシャル」の伊佐敷純というキャラについて、評価や使い方などをまとめたいと思います。

isashiki

イベキャラ評価一覧はこちら

伊佐敷純という選手

伊佐敷純(いさしきじゅん)は、「ダイヤのA」に登場するキャラークターで、青道高校のセンターを務めていました。
学年は主人公の沢村栄純の2つ上の3年生で、夏の大会以降は引退しています。それまでのチームでは副キャプテンも務めていました。
強肩と荒い打撃が持ち味のセンターですが、入学した当初は投手を目指していて、コントロールの悪さが一向に改善されなかった為外野手へのコンバートを進められ、レギュラーになるためと野手転向を決意しました。
投手経験を活かした強肩と、積極的でボール球でもヒットにする荒々しい打撃が魅力の選手です。
性格は短気で横暴な部分があるものの、野球に対する情熱や仲間を大切にする思いがあり、そういった部分が支持されています。
試合中はよく声を荒げています。
外見は角ばった目と少しはやしたヒゲが特徴です。

選手能力は、弾道3、ミートC(60)、パワーC(65)、走力C(65)、肩力A(80)、守備力C(60)、捕球D(50)。
特殊能力は、送球◯、流し打ち、粘り打ち、初球◯、レーザービーム 、悪球打ち、積極守備、ムード◯、併殺。
得意練習は肩力。イベントは後(練習後にイベントが発生する)。

伊佐敷純キャラボーナス

伊佐敷純のレベルごとのボーナスです。(SRの場合)
Lv.1:初期評価5、タッグボーナス60%、コツイベボーナス40%、
Lv.5:初期評価15
Lv.10:タッグボーナス80%
Lv.15:コツレベルボーナス 2
Lv.20:初期評価25
Lv.25:やる気効果75%アップ
Lv.30:初期評価35
Lv.35:タッグボーナス90%
上限解放した場合、Lv.37で初期評価40、Lv.40で初期評価45、Lv.45でタッグボーナス100%が得られます。

伊佐敷純で取れるコツ

金特:高速レーザー
練習:送球◯、流し打ち、粘り打ち、初球◯、レーザービーム 、悪球打ち、ムード◯
イベント:固め打ち(金特イベント途中終了時)、流し打ち(R・PR)

伊佐敷純の評価

上記を踏まえて評価すると、伊佐敷純の評価はそれなりに高い部類に入ります。

伊佐敷純の良い点は、タッグ練習が強力なことです。
伊佐敷純はキャラボーナスでタッグボーナス90%・やる気効果75%アップ(SR上限解放なし)を持っていて、タッグ練習で得られる経験点が多いです。

2つ目は、金特の入手がしやすいことです。
伊佐敷純の金特イベントは全3回のイベント完走でLv2か1のコツが確定で入手できます。これに加えて所持コツに高速レーザーの下位特殊能力となるレーザービームを所持しているので、金特が入手しやすくなっています。

3つ目は、貴重な所持コツがあることです。
中でも初球◯は一球入魂の下位コツとなっていて、一球入魂が入手できる鎌刈善二、才賀侑人、少豪月剛、鮫島粂太郎などを補助することが出来ます。
特に鎌刈善二や才賀侑人は優秀なキャラではあるものの、金特の下位コツを所持していないことがネックとなっていたので、これを補うことができます。
その他にも流し打ちや送球◯が金特の下位コツとなっていて、優秀です。

伊佐敷純の悪い点は、初期評価が低いことです。
伊佐敷純の初期評価は上限解放なしで35(SRの場合)とかなり低いです。そのため、タッグ練習を行うまでにかなりの時間がかかってしまいます。

2つ目は、レーザービームのコツを安定して入手出来ないことです。
伊佐敷純は所持コツが7つあり、コツは運任せになってしまうので安定してレーザービームのコツを入手出来ません。

伊佐敷純の使い方

伊佐敷純の使い方に関しては、まずは早めに初期評価を上げてタッグ練習を開始させ、タッグ練習で経験点を稼ぎましょう。初期評価が低いので序盤は意識して評価を上げる必要があります。
そしてコツについては、悪球打ちとムード◯は必要な経験点が少ないのでコツなしで習得して、レーザービームなどのコツを入手しやすくしておきましょう。

手持ちに一球入魂持ちのキャラがいる場合は伊佐敷純で初球◯のコツが入手できるので合わせて使うのがおすすめです。

レア度がR・PRの場合は、所持コツが優秀なのでコツ要員として使用しましょう。


PAGE TOP