【パワプロサクセススペシャル】猛田慶次の評価・使い方まとめ

こんにちは。今回は「実況パワフルプロ野球サクセススペシャル」の猛田慶次というキャラについて、評価や使い方などをまとめたいと思います。

takeda

猛田慶次という選手

猛田慶次は、「実況パワフルプロ野球13」から登場したキャラクターで、その際は帝王実業高校の選手として登場しました。
その後、実況パワフルプロ野球14からは津々家バルカンズの選手として登場し、実況パワフルプロ野球15では鳳フェニックスの選手として登場しています。
東條小次郎の事をライバル視しており、何かと突っかかるので犬猿の仲になっています。
今作ではミートC、パワーBとそれほどずば抜けた能力ではないものの、パワプロ14では東條小次郎に勝つために自分にしかない武器が必要だと考えた結果覚醒。長打が魅力のバッターではなくアベレージヒッターがついた巧打が魅力のバッターになりました。
実家は工務店を営んでおり、猛田慶次自身も道具を非常に大事にしていて、主人公のアイテムの手入れや改造などもしてくれます。
外見は頭に巻いた猛田工務店の文字が入った手ぬぐいが特徴です。また、赤い髪に男らしい眉毛も印象的です。

ポジションは外野手。
選手能力は弾道3、ミートC(64)、パワーB(74)、走力D(58)、肩力C(66)、守備力C(64)、捕球E(40)。
特殊能力はチャンス◎、対左投手△、調子極端、粘り打ち、サヨナラ男、逆境◯、代打◯、強振多用、慎重打法、積極守備、意外性、体当り。
得意練習はメンタル。イベントは前(練習前にイベントが発生する)。

猛田慶次キャラボーナス

猛田慶次のレベルごとのボーナスです。(SRの場合)
Lv.1:初期評価5、タッグボーナス60%、スペシャルタッグ「メンタル」9、コツイベボーナス40%、
Lv.5:初期評価25
Lv.10:タッグボーナス 80%、スペシャルタッグ「メンタル」12、
Lv.15:コツレベルボーナス 2
Lv.20:初期評価25
Lv.25:やる気効果75%アップ
Lv.30:初期評価35
Lv.35:工務店パワー(精神ボーナス、得意練習率アップ)、タッグボーナス90%
上限解放した場合、Lv.37で初期評価40、Lv.40で初期評価45、Lv.45でタッグボーナス100%が得られます。

猛田慶次で取れるコツ

金得:勝負師
練習:チャンス◯、粘り打ち、サヨナラ男、逆境◯、代打◯、意外性、体当り
イベント:チャンス◯(金得失敗時)、ケガしにくさ◯・逆境◯(前レア度)、ハイボールヒッター・バント◯・流し打ち(R・PR)、粘り打ち(N・PN)

猛田慶次の評価

上記を踏まえて評価すると、猛田慶次の評価はかなり低い部類に入ります。

猛田慶次の良い点は、タッグ練習が強力な点です。
猛田慶次は、メンタルのタッグ練習により多くの体力を回復できます。さらにやる気効果75%アップ、タッグボーナスもあるので非常に強力なタッグ練習を行うことができます。さらに、固有ボーナスの工務店パワーで得意練習率アップも得られるためタッグ練習をする機会も多いです。

次に、所持しているコツが豊富なことです。
猛田慶次から練習で得られるコツはチャンス◯、粘り打ち、サヨナラ男、逆境◯、代打◯、意外性、体当りの7つです。金得の下位互換になる特殊能力や打撃時に役に立つ特殊能力も多いです。

猛田慶次の悪い点は、初期評価が低いことです。
Lv.30まで上げてやっと初期評価35なので全キャラの中でも屈指の低さです。いくらタッグ練習が強力だったとしても、初期評価が低いためタッグ練習を多くすることができません。

次に、金得勝負師のコツの入手がしにくいことです。
猛田慶次の金得イベントは全4回あるので、完走させるのはなかなか大変になります。さらに4回中3回は体力消費があるのでその点もマイナスです。

猛田慶次の使い方

猛田慶次の使い方に関しては、他のキャラを補助するような形で使うようにしましょう。
他のキャラの金得の下位特殊能力のコツ要員として使ったり、あるいはコツ要員としてそのまま使ったり、特殊能力がかぶっている選手と一緒に使ったりすることで、コツの入手が確実になります。
また、前レア度でケガしにくさ◯か逆境◯のコツLv.3を入手できるイベントがあるので、それも上手く活用しましょう。ケガしにくさ◯は査定が高く、コツが入手できるキャラも限られているのでおすすめです。
金得鉄人を入手できる有村佐治や春野千優と合わせて使うと良いと思います。
また、初期評価が低いので、タッグ練習を早くから行うには意識して評価を上げる必要があります。

金得に関しては、他のイベントも有り完走させるのは容易では無いので、1回目でイベントを終了させても良いと思います。

レア度がR・PRの場合は、正直使わないほうがいいでしょう。R・PRで使うほどのメリットがあるキャラではありません。


PAGE TOP