【パワプロサクセススペシャル】丹波光一郎の評価・使い方まとめ

こんにちは。
今回は「実況パワフルプロ野球サクセススペシャル」の丹波光一郎というキャラについて、評価や使い方などをまとめたいと思います。

tanba

イベキャラ評価一覧はこちら

丹波光一郎という選手

丹波光一郎(たんばこういちろう)は、「ダイヤのA」に登場するキャラクターで、主人公の沢村栄純の2学年上の3年生です。
ポジションはピッチャーで、3年の夏の大会は1番をつけ、エースとしてプレイしました。
縦に大きく変化するカーブを決め球としていて、そのキレは素晴らしいものがあります。
また、夏の大会前にフォークを習得しており、持ち球のひとつにしています。
中学時代は市大三高のエースピッチャー真中要の控えピッチャーで、あがり症で気が弱く監督ともまともに目を合わせられないほどでした。
しかし、夏の大会前の練習試合で顎にデッドボールを受け負傷、万全の状態で大会に挑むことが出来ず、決勝の稲城実業高校との試合に敗北し引退となりました。
外見はスキンヘッドが特徴です。

選手能力は、球速140km/h、コントロールC(65)、スタミナD(55)、ドロップカーブ6、フォーク4。
特殊能力は、キレ◯、一発。
得意練習は変化球。イベントは後(練習後にイベントが発生する)。

丹波光一郎キャラボーナス

丹波光一郎のレベルごとのボーナスです。(SRの場合)
Lv.1:初期評価55、タッグボーナス40%、コツイベボーナス40%
Lv.5:初期評価 65
Lv.10:タッグボーナス 60%
Lv.15:コツレベルボーナス 2
Lv.20:変化球ボーナス 4
Lv.25:タッグボーナス 80%
Lv.30:初期評価 75
Lv.35:練習効果5%アップ
上限解放した場合、Lv.37で初期評価80、Lv.40で初期評価85、Lv.45で変化球ボーナス 6が得られます。

丹波光一郎で取れるコツ・特殊能力

金特:驚異の切れ味
練習:キレ◯
イベント:キレ◯(金特イベント)、一発・逃げ球(R・PR)

丹波光一郎の評価

上記を踏まえて評価すると、丹波光一郎の評価は高い部類に入ると思います。

丹波光一郎の良い点は、変化球経験点を多く稼げることです。
丹波光一郎は初期評価が高く、序盤からタッグ練習を開始することができます。
また、所持コツがキレ◯のみなので、コツイベントでも経験点を稼ぐことが出来ます。

2つ目は、金特の下位特殊能力のコツを所持していることです。
丹波光一郎の金特脅威の切れ味の下位コツはキレ◯で、ほぼ確実にこれを入手できるため、脅威の切れ味習得に必要な経験点を削減することができます。

3つ目は、イベントでの体力消費がないことです。
丹波光一郎のイベントでは体力を消費することがなく、金特イベントの2回目ではやる気と体力を回復させることが出来ます。

丹波光一郎の悪い点は、金特イベントに成否判定があることです。
3回目のイベントで成功した場合は驚異の切れ味のコツをLv3入手できますが、あまり成功率は高くありません。
安定して脅威の切れ味を習得するのは難しいです。

また、後イベの変化球キャラには早川あおいや太刀川広巳がおり、これに加えて後イベの投手キャラや彼女キャラで優秀なキャラが多いため、キャラが揃っている場合はデッキに入れにくいという弱点があります。

丹波光一郎の使い方

丹波光一郎の使い方に関しては、タッグ練習とコツイベントで変化球経験点を稼ぎ、変化球を伸ばすために使う以外ありません。
キレ◯はコツLv3で入手しましょう。その際はわずかに敏捷経験点が必要になるので、序盤で良い練習がない場合に守備練習をしておきましょう。

レア度がR・PRの場合はコツイベントで変化球経験点を稼ぐ事ができるので、それを目的に使うのがおすすめです。


PAGE TOP