【Tree of Savior】横殴りについて思うこと

こんにちは。
今回は、ゲーム内での横殴り問題について考えをまとめてみたいと思います。

横殴りの定義

横殴り行為については、Tree of Saviorが始まった当初から問題になっており、Tree of Saviorプレイヤーサイトのフォーラムでも、それに関連するスレッドが立てられています。
そこでは横殴りの定義についても議論になっていて、以下がその候補です。

1.自分が戦闘中のモンスターを他PCに攻撃された。
2.自分の近く(焚き火が置ける範囲内)にPOPしたモンスターを他PCに攻撃された。
3.自分の画面内(焚き火は置ける範囲外)にPOPしたモンスターを他PCに攻撃された。
4.自分の進行方向・自分が殴ろうとクリックしているモンスターを他PCに攻撃された。
5.自分がトレインしてまとめているモンスターを他PCに攻撃された。
6.その他

横殴りについての考え

それぞれ考えはあると思いますが、私は1の「自分が戦闘中のモンスターを他PCに攻撃された」が横殴りに当たると思います。
2・3については、自分の付近にモンスターがポップしただけで、それに攻撃する権利はマップに居る全てのプレイヤーにあると思います。近いか遠いかではありません。
そして、4については、自分だけでなく他のプレイヤーも同じタイミングで攻撃しようとしていたという状況なので、それを横殴りと考えるのは自己中心的だと思います。
5については、マップ数の少ない場所などではトレイン行為自体が迷惑になる場合がありますし、1人のプレイヤーにマップの全てのモンスターを独占されるのは他のプレイヤーにとっていい気分ではないと思います。

一部の横殴りに対する誤解

これは一部のことになりますが、意図して横殴りを行ってしまった訳ではない場合があります。
これは遠距離攻撃をするアーチャーやウィザードといったクラスで起こることですが、Tree of Saviorというゲームで画面に表示される範囲が狭いため、画面端にいる敵に遠距離攻撃を行おうとしたら画面から見えない所にその敵を狙っている人がいて、横殴りのような形になってしまったという場合があります。
また、アーチャー系では敵にあたった矢が他の敵のところへ飛んで行くスキルがあり、その矢が飛んで行く方向はプレイヤーには制御できません。
そういったことがあり、意図しない横殴りをしてしまった場合があるというのは認識しておいて欲しいと思います。

明確な横殴り

上記のような意図しない横殴りがある一方で、明確な横殴りも存在します。
自分が攻撃していたモンスターのところへやって来てそのモンスターに攻撃を加える。
誰がどう見ても戦闘中にも関わらずそのモンスターを攻撃しにわざわざやってくるプレイヤーと遭遇したことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。
こういったケースはアーチャーやウィザードで偶然起こってしまったということではありません。近接戦闘型のプレイヤーが明確な横殴りだとわかった上でそれを行うというケースです。

このような横殴りの現状ですが、明確な対策を施すというのは無理なのではないでしょうか。
ユーザーそれぞれがマナーについて考えてプレーする。そういったことを徹底していきましょう。

Tree of Savior

Posted by 96


PAGE TOP