DiGiTAL WiNGの東方ヴォーカルおすすめ曲10選

こんにちは。
今回は東方アレンジを中心に活動するDiGiTAL WiNGという同人音楽サークルの東方ヴォーカル楽曲のおすすめ曲を10曲厳選して紹介しようと思います。

DiGiTAL WiNGについて

はじめに、DiGiTAL WiNGについて簡単に紹介しようと思います。
DiGiTAL WiNGは、2011年頃から活動していて、主に東方Project楽曲のアレンジを手掛けています。
主要なメンバーを何人か紹介します。
katsu:代表・コンポーズ・アレンジ・DJ
雨宿どみ乃:パフォーマー・ダンス振り付け・衣装スタイリング
雨宿ゆび:コーディネイター・ブログ更新
peЯoco.:ヴォーカル
Snow shoveling:作曲・編曲
naru:作曲・編曲
ena:作曲・編曲
guyamoko:CGクリエーター
詳しくはこちらで確認できます。
初めて発表した作品は2011年12月30日に開催されたコミックマーケット81にて頒布された「DiGiTAL WiNG」で、8曲の東方ヴォーカルアレンジが収録されています。

アレンジのジャンルとしては、ポップなものだったり、ダンスミュージックだったりが中心となっています。

DiGiTAL WiNGのホームページはこちら

おすすめ楽曲

それでは、DiGiTAL WiNGの東方ヴォーカル楽曲のおすすめを紹介したいと思います。
※ランキング形式ではないので順不同になっています

1.Little Traveler

「Little Traveler」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第13弾「東方神霊廟 ~ Ten Desires.」4面道中曲として使用された「デザイアドライブ」です。
原曲譲りの美しいメロディラインを中心に、切ない恋心の歌詞をつけラブソングにアレンジされた楽曲です。
ヴォーカルはニコニコ動画などでの活動も有名な花たん(ユリカ)さんで、美しい高音の歌声が魅力的です。また、歌詞を表現する情緒的な感じもよく、表現力のある歌い方が上手いですね。
デジタルなビートは控えめでメロディを上手く支えています。
他のシンセサイザー系のサウンドも派手すぎず、花たんさんの歌声を引き立てていて、曲の完成度がとても高いと思います。
個人的には、DiGiTAL WiNGの楽曲でこの曲が一番好きです。おすすめです。

2.恋ノ蟲

「恋ノ蟲」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第7弾「東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.」スタッフロールのテーマとして使用された「さくらさくら ~ Japanize Dream…」です。
エレクトリックなサウンドだけではなく、ピアノやストリングスなどのサウンドも取り入れられ、美しくも儚い雰囲気が印象的なアレンジになっています。
花たん(ユリカ)さんの歌声は色っぽく、感情を込めた歌い方が良いですね。裏声も綺麗で曲の雰囲気に合っています。
原曲のメロディをより魅力的にして、歌モノにまとめられた楽曲だと思います。

3.Savior of Cross

「Savior of Cross」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第11弾「東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.」6面ボス霊烏路空のテーマとして使用された「霊知の太陽信仰 ~ Nuclear Fusion」です。
イントロから開放感のある曲調が印象的です。アニメーションも相まってよりそう感じるのかもしれません。
原曲は圧倒的な力を感じさせるような、力強く、重苦しい、ボスらしい印象の楽曲ですが、このアレンジではそれを感じさせないような、軽快さのあるアレンジになっています。
曲としても歌モノとしてスタンダードな構成になっていて、原曲好きな方にはいまいちかも知れませんが、普段ポップスを多く聴くという方には親しみやすいアレンジになっていると思います。
何かの作品の主題歌になりそうな、明るさがあって、不安定な暗い部分があって、という浮き沈みがあり最後にはすっきりとまとまりがありという曲になっていて、本当に聴きやすいと思います。おすすめです。

4.Shake it up !

「Shake it up !」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第14弾「東方輝針城 ~ Double Dealing Character.」ラスボス少名針妙丸のテーマとして使用された「輝く針の小人族 ~ Little Princess」です。
ノリの良いサビが印象的な楽曲で、疾走感のあるサビと落ち着いたAメロ部分などとのギャップが面白いですね。
タイトルの「Shake it up !」は「急げ」や「速く動け」といった意味があるそうですが、音楽では「踊ろう」といった意味もあるそうです。
ついついリズムを取ってしまいたくなるような、聞いて胸が高鳴るような楽曲だとお思います。

5.Paranoia

「Paranoia」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第11弾「東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.」Extra面ボス古明地こいしのテーマとして使用された「ハルトマンの妖怪少女」です。
デジタルなサウンドによる疾走感と、カッコイイ雰囲気が特徴のアレンジになっています。
キャッチーなメロディも良いですが、その他のパートも印象的なフレーズを鳴らしていて、スピード感があり意識して聴くと面白いと思います。
「フォー」という掛け声もダンスミュージックなどのアレンジをするDiGiTAL WiNGらしいという印象です。

6.Virtuous Suicide

「Virtuous Suicide」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第5弾「東方怪綺談 ~ Mystic Square」3面・Extraステージボスのアリスのテーマとして使用された「the Grimoire of Alice」です。
デジタルなサウンドを中心としたキレのあるフレーズが印象的で、曲の途中にはラップも入り、スピード感があります。
原曲の雰囲気も感じられ、それを上手くDiGiTAL WiNG風に仕上げたという印象ですね。
ヴォーカルの歌声もクールで曲の雰囲気に合っていますね。おすすめです。

7.天地有用

「天地有用」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第14弾「東方輝針城 ~ Double Dealing Character.」5面ボス鬼人正邪のテーマとして使用された「リバースイデオロギー」です。
疾走感のあるビートを土台に、引きこまれていくような不思議な感じのある楽曲になっています。
タイトルの「天地有用」は、鬼人正邪が使うスペルカードの名前でもあり、運送用語の「天地無用(内容物が損壊する恐れがあるため上下を逆にして輸送してはいけないこと)」が元ネタになっています。
歌詞の内容も鬼人正邪のことを思わせるようなものになっていて、凝っているなと思いました。
歌詞も意識して聴いてみてください。

8.inverted RAINBOW

「inverted RAINBOW」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第10弾「東方風神録 ~ Mountain of Faith.」4面ボス射命丸文のテーマとして使用された「妖怪の山 ~ Mysterious Mountain」です。
ミドルテンポのシンプルなビートとメロディラインを中心としたアレンジで、曲のシンプルさと花たん(ユリカ)さんの美しい歌声が良いですね。
原曲に近くはないですが、こういったアレンジも良いと思います。

9.クロス

「クロス」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第7弾「東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.」Phantasmステージボス八雲紫のテーマとして使用された「ネクロファンタジア」です。
ポップなサウンドを中心に、美しいメロディラインを加えたアレンジです。
バックサウンドは正に電子音という感じで、そのポップな感じが良いですね。
メロディラインは原曲の「ネクロファンタジア」のそれを活かしながら、とても美しい歌声で歌い上げていてとても好印象です。
原曲が良いということもありますが、アレンジもDiGiTAL WiNGらしさがあって良いと思います。おすすめです。

10.Destiny

「Destiny」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」Extraステージのテーマとして使用された「魔法少女達の百年祭」です。
ユーロビート調に、スピード感とポップさを合わせたアレンジになっています。
ヴォーカルの野宮あゆみさんの歌声は高音から低音まで安定感があり、安心して聴けます。派手さはないものの、上手いと思います。
原曲を思わせるような疾走感がありながらも、デジタルにアレンジされ、オリジナリティも感じられると思います。おすすめです。

以上、DiGiTAL WiNGの東方ヴォーカルおすすめ曲を10曲厳選して紹介してみました。
気に入っていただける曲があれば幸いです。

東方Project

Posted by 96


PAGE TOP