GET IN THE RINGの東方ヴォーカルおすすめ曲10選

こんにちは。
今回は東方アレンジを中心に活動するGET IN THE RINGという同人サークルの東方ヴォーカル楽曲おすすめ曲を10曲厳選して紹介しようと思います。

GET IN THE RINGとは

まず、GET IN THE RINGという同人サークルについて簡単に紹介しようと思います。
GET IN THE RINGは2010年頃から活動している同人サークルで、主に東方アレンジを中心に活動しています。
主要なメンバーは以下の5人です。
GCHM:サークル代表・編曲
Jell:作詞
みぃ:ヴォーカル
BOB男:デザイン・Web・動画
Asenaria:作詞・デザイン・Web
初めて制作した作品は、2010年8月14日のコミックマーケット78にて頒布された対戦型格闘ゲーム餓狼伝説のアレンジアルバム「ARRANGES OF THE WOLVES」で、これまでに20作以上のアレンジアルバムを制作しています。
ニコニコ動画にも何曲か楽曲がアップされていて、GCHMさんのニコニコ動画のアカウントでそれを確認できます。GET IN THE RINGの楽曲のマイリストはこちら
現在では、カラオケで配信されている東方ヴォーカル楽曲もあり、高い人気を誇っています。

おすすめ楽曲

それでは、GET IN THE RINGの東方ヴォーカル楽曲のおすすめを紹介したいと思います。
※ランキング形式ではないので順不同になっています

1.ムーンダスト

「ムーンダスト」というタイトルの楽曲で、原曲は「懐かしき東方の血~Old World」「エクステンドアッシュ~蓬莱人」「プレインエイジア」「月まで届け、不死の煙」の4曲です。
なんと4つの楽曲をそれぞれ取り入れて1つの楽曲にしてしまった作品です。
タイトルのムーンダストは花の名前として有名で、青紫色のカーネーションのことを指します。このムーンダストの花言葉は「永遠の幸福」です。また、この名前の由来は「月のように柔らかな包容力のある花であって欲しい」という思いが元になっています。

そしてこのタイトルは歌詞に込められた上白沢慧音と藤原妹紅との関係性とも通じる部分があり、「月」や「永遠」といった要素はとても重要なものになっています。
共にいられる幸福な時間といつかくる別れが感じられてとても良い歌詞です。

曲は、上品なピアノのサウンドとそれに色を付け加えるように鳴るデジタルなサウンドが印象的で、切ないメロディラインとあわせてとても美しい楽曲になっています。
感動的な歌詞を歌い上げるみぃさんの歌声も素晴らしく、とても美しい歌声が印象的です。
また、太く力強いベースラインも良く、曲を支えています。

GET IN THE RINGの代表曲と言える楽曲だと思います。

2.remains~Another side of moondust~

「remains~Another side of moondust~」というタイトルの楽曲で、上記のムーンダストをピアノ伴奏を中心にアレンジしたものになっています。
歌詞には若干手が加えられていて、ムーンダストを補完する楽曲になっています。
美しく繊細な歌声がよく、ムーンダストと違った良さがあります。
是非聴き比べてみてください。

3.Whose Eye Is This Anyway?

「Whose Eye Is This Anyway?」というタイトルの楽曲で、原曲は「狂気の瞳 ~ Invisible Full Moon」です。
ハイテンポでヘヴィなサウンドが印象的な楽曲になっています。
特に激しく歪んだギターのサウンドが良く、フレーズにしても音作りにしても切れ味抜群です。
そしてみぃさんの力強い歌声もバックサウンドに負けない迫力があり、素晴らしいです。特に最後のサビへの部分は駆け抜けていく感じがあり、テンションが上ります。
疾走感があり、とてもかっこいい楽曲だと思います。ギターやロック好きの方には特におすすめしたいですね。

4.Thank you for dears.

「Thank you for dears.」というタイトルの楽曲で、原曲は「感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind」です。
個人的にはGET IN THE RINGの東方ヴォーカルではこの曲が一番好きです。
R&Bのような曲調が印象的で、こういった曲はなかなかないと思います。
独特な曲調はもちろんですが、そんな曲を歌い上げるみぃさんの技術も素晴らしく、クリアな発音が良いです。本当に美しい歌声の持ち主だと思います。さらにそれだけではなく後半では腹の底から絞り出すような芯のある歌声が聴けて、そういった部分も魅力的です。
また、曲を支えるグルービーなベースラインも印象的で、それを聴くのも楽しいです。
正直、同人サークルのクオリティーではないと思うような、そんな完成度の高い素晴らしい楽曲です。おすすめです。

5.クロスハート

「クロスハート」というタイトルの楽曲で、原曲は「ハートフェルトファンシー」「少女さとり ~3rd eye」「ラストリモート」「ハルトマンの妖怪少女」の4曲です。
「ムーンダスト」と同じくこの楽曲も4つの曲を合わせて1つの楽曲にしたものになっています。
バンドサウンドを中心としたロックな曲調が印象的な楽曲です。
ゆったりと伸び伸びとしたメロディラインが良く、それに加えてみぃさんの熱い歌声が合わさることでとても魅力的なものになっています。
2番の後でコーラスにエフェクトを掛けている部分があり、そこも面白いです。
みぃさんの熱い歌声、印象的なフレーズを鳴らすギターなどロックな楽曲としてと素晴らしいです。

6.未完結のエモーション

「未完結のエモーション」というタイトルの楽曲で、原曲は「亡失のエモーション」です。
この楽曲はバンドサウンドにストリングスやピアノなども加わった構成で、多彩なサウンドを聴くことが出来ます。
サビのキャッチーなメロディが印象的で、自分の心の葛藤などタイトルにもある「エモーション」を表現した歌詞をより魅力的にしています。みぃさんの歌声も歌詞の内容を感じさせるような感情的な歌声が良いです。
曲は緩急もあり、サビをより盛り上げる展開になっている点も良いですね。
曲の展開にしても鳴っている楽器にしても、多彩さがある楽曲だと思います。おすすめです。

7.Tell me the Rebellion

「Tell me the Rebellion」というタイトルの楽曲で、原曲は「秘境のマーメイド」「ミストレイク」です。
ピアノを中心としたアップテンポでポップな曲調が印象的な楽曲です。
「大好き」を伝えたいという恋心を表現した歌詞で、みぃさんはその美しい歌声でこの歌詞を歌い上げています。
とにかくピアノ伴奏とメロディラインの兼ね合いが楽しく、それを意識して聴いて頂きたいです。

8.traumatic

「traumatic」というタイトルの楽曲で、原曲は「ほおずきみたいに紅い魂」「妖魔夜行」です。
印象的なイントロで始まる楽曲で、バンドサウンドを中心に疾走感のあるロックな曲調になっています。
パワフルなドラムが印象的で、スネアの音が気持ち良いですね。

9.Rise to the star

「Rise to the star」というタイトルの楽曲で、原曲は「少女綺想曲 ~Dream Battle」「恋色マスタースパーク」「広有射怪鳥事 ~Till When?」「信仰は儚き人間の為に」「フラワリングナイト」です。
これも複数の曲を原曲としたアレンジ楽曲ですが、ハードロックと言えるような激しく、ハイテンポな曲調が特徴になっています。
メロディラインもスピード感があり、まさに駆け出したくなるような曲だと思います。

10.Rapid Shot!!

「Rapid Shot!!」というタイトルの楽曲で、原曲は「あなたの町の怪事件」です。
荒々しいバッキングをバックに、みぃさんがコーラスなども合わせた魅力的な歌声を聴かせえてくれます。
「絶対負けない負けたくないの」というサビがとてもキャッチーで、テンポ感もよくとても耳に残りますね。
デジタルなサウンドも上手く取り入れられていて面白いです。

以上、GET IN THE RINGの東方ヴォーカル楽曲のおすすめを10曲紹介してみました。

東方Project

Posted by 96


PAGE TOP