岸田教団&THE明星ロケッツの東方ヴォーカルおすすめ曲10選

こんにちは。
今回は東方アレンジを中心に活動し、2010年にはメジャーデビューも果たした岸田教団&THE明星ロケッツという同人音楽サークル兼ロックバンドの東方ヴォーカル楽曲のおすすめ曲を10曲厳選して紹介しようと思います。

岸田教団&THE明星ロケッツとは

はじめに、岸田教団&THE明星ロケッツについて簡単に紹介しようと思います。
岸田教団&THE明星ロケッツは、2004年頃から活動していて、現在はロックバンドとしてアニメソングを手がけていることでも有名ですが、当初は東方アレンジを中心とした活動で有名でした。
主要なメンバーは以下の4人です。
岸田:リーダー・ベース・ギター
ichigo:ボーカル
はやぴ〜:ギター
みっちゃん:ドラム
初めて発表した作品は「岸田教団」名義で2005年12月30日、に開催されたコミックマーケット69にて頒布された「SUPERNOVA」で、東方アレンジだけでなく英雄伝説Ⅵのアレンジやオリジナル楽曲も収録されたものになっています。

3rdアルバムまではロックだけでなくテクノといった要素を取り入れたインスト楽曲が多く制作されていましたが、それ以降はichigoさんをボーカリストとして、現在のようなロックバンドという形での楽曲が多く制作されています。

ニコニコ動画にも公式のアカウントがあり、ライブ映像やクロスフェードデモなどが視聴できます。投稿された動画一覧はこちら

岸田教団&THE明星ロケッツのホームページはこちら
詳細プロフィールや使用機材などはこちら

おすすめ楽曲

それでは、岸田教団&THE明星ロケッツの東方ヴォーカル楽曲のおすすめを紹介したいと思います。
※ランキング形式ではないので順不同になっています

1.感情の摩天楼

「感情の摩天楼」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第12弾「東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object.」の6面ボス聖白蓮のテーマとして使用された「感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind」です。
ロックバンドらしいスピード感と、少し早口のようなメロディラインを中心に3分に満たない長さにまとめられた楽曲です。
ドラムによる印象的な入りから、歪んだギターのリフが入り、そこにボーカルが加わっていきます。
岸田教団&THE明星ロケッツの楽曲では殆ど全てがそうですが、激しく主張するようにかき鳴らすギターが特徴で、この曲もAメロに入ってすぐにギターがソロを弾いているかのようなフレーズを弾きます。その後もワウを活かしたフレーズや熱いギターソロなど聴き応えがあります。
歌モノとしても3分弱という短さで、そのスピード感と相まってあっさりと聴くことが出来、あっという間に曲を聴き終えてしまうと思います。
岸田教団&THE明星ロケッツの東方ヴォーカル楽曲を聴く上で、入りやすい楽曲だと思います。

2.ネクロファンタジア

「ネクロファンタジア」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第7弾「東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.」Phantasmステージのボス八雲紫のテーマとして使用された同タイトルの「ネクロファンタジア」です。
上記の感情の摩天楼と比べると比較的落ち着いた曲調の楽曲になっていて、よりメロディラインを大事にしたという印象です。
ネクロファンタジアの印象的なメロディを活かし、バックサウンドをロックバンド風とした感じでしょうか。
そんな楽曲の中で、ギターは相変わらずのソロで、「ギュワー」といった感じのサウンドなどはとても岸田教団&THE明星ロケッツらしいです。
ヴォーカルのichigoさんの歌声が栄えていますね。
シンプルなアレンジなので原曲を知っている方でも親しみやすい楽曲になっていると思います。

3.幽霊楽団

「幽霊楽団」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第7弾「東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.」4面ボスのプリズムリバー三姉妹のテーマとして使用された「幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble」です。
歌モノにはないような原曲のメロディラインに一体感のある歌詞を当てはめ、ichigoさんが魅力的に歌い上げているという印象を受ける楽曲です。
サビのメロディラインはとてもキャッチーで印象的ですね。
他の楽器もそれを引き立てるように鳴っていて、一つの曲としてとても完成度が高いものになっていると思います。

4.メイドと血の懐中時計

「メイドと血の懐中時計」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」5面道中曲、中ボス十六夜咲夜のテーマとして使用された同タイトルの「メイドと血の懐中時計」です。
非常にカッコイイイントロで始まり、メロディアスなメロディラインを歌うichigoさんの歌声が入り、曲が盛り上がっていきます。
ichigoさんの歌声は性格な音程を歌っていてとても安定感があり、また、表現力もありとても魅力的な歌声になっています。高い音から低い音まで、そしてその移り変わりまでバツをつける所が無く、とても素晴らしいですね。
ギターもディストーションサウンドだけでなくクリーンなサウンドなども使われていて多彩なサウンドを聞くことが出来ます。
文句無しにおすすめできる曲です。

5.DesireDrive

「DesireDrive」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第13弾「東方神霊廟 〜 Ten Desires.」4面道中曲として使用された「デザイアドライブ」です。
美しいメロディラインを中心に、ロックなバンドサウンドを合わせて疾走感のあるアレンジになっています。
この曲、原曲もそうですが、メロディラインがとても美しく、それを歌うichigoさんの歌声と合わせてとても魅力的なものになっています。
派手なフレーズを鳴らすギターも印象的で、その中に原曲の要素も取り入れられていて良いです。
個人的にもかなり好きな楽曲です。おすすめです。

6.シンデレラケージ

「シンデレラケージ」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第8弾「東方永夜抄 ~ Imperishable Night.」5面道中曲として使用された「シンデレラケージ ~ Kagome-Kagome」です。
「とおりゃんせ とおりゃんせ」という歌詞の部分があり、原曲に遊び歌の「カゴメカゴメ」のメロディが取り入れられていることも関係し、童歌の「通りゃんせ」の歌詞が取り入れられているのかなと思いました。
そういった遊び心もある楽曲だと思います。
原曲と比べてもそれほど大きくアレンジしている部分はなく、原曲が活かされたものになっていると思います。

7.竹取飛翔

「竹取飛翔」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第8弾「東方永夜抄 ~ Imperishable Night.」の6面Bルートのボス蓬莱山輝夜のテーマとして使用された「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」と、6面ルートのボス八意永琳のテーマとして使用された「千年幻想郷 ~ History of the Moon」です。
ギターのクリーントーンを活かした落ち着いた部分や、ロックらしい歪んだ激しいサウンドの派手な部分など展開に緩急があり、聴き応えがあります。
ichigoさんの歌声は丁寧に歌っている印象で、力強い歌声もいいですがこういった落ち着いた歌声も良いと思います。
2曲の原曲が上手くアレンジされていると思います。

8.知ってる?魔導書は鈍器にもなるのよ

「知ってる?魔導書は鈍器にもなるのよ」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」4面ボスパチュリー・ノーレッジのテーマとして使用された「ラクトガール ~ 少女密室」です。
ギャグのようなタイトルですが、曲は至って真面目です。
ギターのキレのあるリフに安定感のあるリズム隊、そして曲の中心となるメロディラインが合わさり素晴らしい仕事がされていると思います。
メロディアスなサビが印象的ですが、裏声でいきなり音程が上がるところだったり、難易度が高いのではないでしょうか。息継ぎをする場所もなかなか無く、そういった点でも難易度が高いと思います。
メジャーデビューをした2010年にリリースされた楽曲というだけあって、バンドとしても成熟した頃に作られているので完成度が高いですね。おすすめです。

9.flanticnight

「flanticnight」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」Extraステージのテーマとして使用された「魔法少女達の百年祭」です。
曲のはじめから明るく、ハイテンションな曲調が印象的で、ノリノリな感じの楽曲です。
ドラムやギターなど、それぞれのパートが非常に印象的なフレーズを鳴らしていて、存在感があります。
2番ではギターが狂ったようなサウンドを鳴らしていて面白いですね。
そして非常に盛り上がるサビが素晴らしく、魅力的なメロディラインと曲の落ち着いた部分とのギャップでとても胸が高鳴る用なサビになっています。

10.緋色のDance

「緋色のDance」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」6面ボスレミリア・スカーレットのテーマとして使用された「亡き王女の為のセプテット」です。
ディレイを使ったギターのリフが印象的ですが、メロディラインは上品に美しく、上手くバンドサウンドと共存していると思います。
意外性のあるアレンジになっているのではないでしょうか。おすすめです。

以上、岸田教団&THE明星ロケッツの東方ヴォーカルおすすめ曲を10曲紹介してみました。
気に入っていただける曲があれば幸いです。

東方Project

Posted by 96


PAGE TOP