龍胆の東方メタルアレンジが良い!

こんにちは。
今回は龍胆(りんどう、rindou)という東方Projectの楽曲のアレンジを中心に活動する同人サークルのメタルアレンジが良かったのでこれを紹介したいと思います。

龍胆について

龍胆という同人サークルは2011年頃から活動していて、主に東方Project楽曲のロックやメタル風アレンジ楽曲を発表しています。
龍胆として初めて初めて発表した東方アレンジ作品は2011年5月1日、東京流通センターで開催されたM3-2011春(音楽・音声に関係する同人サークルの作品の即売会)にて頒布された「was just your shadows」です。
現在は計6枚のアレンジCDを発表しています。
龍胆のホームページはこちら

龍胆のメタルアレンジ

それでは、龍胆のメタルアレンジ楽曲を紹介していきたいと思います。

妖魔夜行 ~Dark Side Of The Moon~

「妖魔夜行 ~Dark Side Of The Moon~」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」の1面ボス、ルーミアのテーマとして使用された「妖魔夜行」です。
曲の入りのサウンドはかなりエフェクトが掛かっていて印象的ですが、恐らくギターによるものだと思います。
曲全体としても、メタルらしいバッキングを中心としながらも、メロディラインはギターではなく他のデジタルなサウンドが鳴らしていたりして、メタル一辺倒ではない、多彩なサウンドが聴くことが出来ます。
アレンジはそれほど変わったことはしていないのかなと思いますが、セクションセクション事に雰囲気が変わり、その展開が楽しいです。
肝心のギターも、ギターソロではメタルらしい速弾きやタッピング、アーミングなどを聴かせてくれてその点も満足できると思います。

神話幻想 ~ Lucifer Wings ~

「神話幻想 ~ Lucifer Wings ~」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第5弾「東方怪綺談」最終ボスの神綺のテーマとして使用された「神話幻想 ~Infinite Being」です。
イントロから重々しい雰囲気のメタルになっています。
しかしその後一転して幻想的な雰囲気になり、その後再びメタル色が強くなります。
メタルらしいドコドコとなるバスドラムを中心としたリズムにギターの荒々しくスピード感のあるバッキングが加わり、とてもメタルらしい楽曲ですね。
ギターソロもワウを活かしたフレーズが良いですね。
メタルらしいアレンジになっていて、メタル好きには親しみやすい曲だと思います。

Lazy Prisoner

「Lazy Prisoner」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」の3面の道中曲として使用された「上海紅茶館 ~Chinese Tea」です。
この曲はそれほどメタル色は強くはないですが、メロディラインを中心に上手くまとめられていて、所々に入るギターフレーズやピアノなどが良いですね。
ドラムもハイハットの疾走感が良いです。
ギターソロはメロディアスなフレーズが良いですね。チョーキングを活かしたギターらしいフレーズが好印象です。
ギターソロの後に入るノリの良いバッキングフレーズも印象的です。
原曲のメロディを中心としながらもメタルの要素を上手く取り入れたアレンジだと思います。

メイドと血の懐中時計 ~Inscribe Red Soul~

「メイドと血の懐中時計 ~Inscribe Red Soul~」というタイトルの楽曲で、原曲は東方Project第6弾「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」の5面の道中曲として使用された「メイドと血の懐中時計」です。
キレのあるギターのバッキングから始まり、そこから刺々しいサウンドのメロディラインがそこに加わります。
リズムはドラムのバスドラムが印象的で、一定間隔でバスドラムを入れることで良いテンポ感を生み出しています。
ギターソロは後半の速弾きが印象的で、起承転結もしっかりしており理想的な構成だと思います。とても魅力的なギターソロです。
メロディラインもメタルな曲調に馴染んでいて良いアレンジだと思います。

以上です。
メタル好きの方は是非聴いてみてください。

東方Project

Posted by 96


PAGE TOP